勝手に売れるオンラインコンテンツの作り方

こんにちは、宮本です。

今日は、オンラインコンテンツの作り方について
解説しようと思います。

オンラインコンテンツは、
原価ゼロで作ることができますし、
複製が簡単なのでレバレッジが効き、
一度作るだけで、不特定多数に提供できる
スモールビジネスには理想的なモデルです。

今回は、売り込みをしなくても、
勝手に高額で売れる、価値と満足度が高い
オンラインコンテンツの作り方について解説していきます。

目次

オンラインコンテンツとは何か?

オンラインコンテンツとは、 インターネットを通じて
販売することができる情報系商品のことです。
以下に、代表的なオンラインコンテンツと
販売価格の相場を挙げます。

  • 電子書籍 1000〜4000円
  • オーディオコース 5000円〜2万円
  • ビデオコース 1万〜20万円
  • サブスクサービス 2000円〜5万円/月
  • LIVEウェビナー 1万〜20万円
  • コンサル 10万〜100万円

価値の高いオンラインコンテンツとは?

では、お客さんが欲しくなる価値の高いオンラインコンテンツは
どのようにに作ればいいのかと言うと、以下のポイントが挙げられます。

  • 商品の構成(アウトライン)を『顧客のニーズ・ウォンツにマッチしたもの』にする
  • それぞれのセッションは完結型コンテンツ(Why、What、How、What if)であること

商品の構成(アウトライン)を『顧客のニーズ・ウォンツにマッチしたもの』にする

ただ自分の知っている知識や教えたいことを教えるのでは不十分です。
顧客のニーズ・ウォンツに応える内容が含まれていなければ、価値の高い商品にはなりません。

つまり、まず最初に顧客の悩みや願望をリサーチし、
そこからコンテンツのアウトラインを作るという流れです。

それぞれのセッションは完結型コンテンツ(Why、What、How、What if)であること

完結型コンテンツとは、セッション単位で独立しているコンテンツのことです。
すなわち、どのセッションから見始めても難なく理解できるということです。

そして、コンテンツを作る上で、有名な4つフレームワークがあります。
それはデービッドコルブのフレームワークと言われるものです。
人の学習タイプを4つの分類したもので、
Why、What、How、What ifの4つから構成されます。

デービッド・コルブの4つのフレームワーク

  • Why(なぜ):得られるベネフィットや学ぶ理由
  • What(何):背景や理論的な解説
  • How(どうやって): ノウハウ、どうやるかのステップ
  • What if(具体的な方法、事例):ケーススタディや実際の状況と対処法

オンラインコンテンツ制作の5ステップ

それでは、オンラインコンテンツを制作する5ステップについて解説します。

ステップ1:顧客のニーズをピックアップしてアウトラインにする
ステップ2: アウトラインを論理的な学習の順序に並び替える
ステップ3: 各セッションについて、具体的なテクニックを考える
ステップ4: 各セッションについて、モチベーションと理論を追加する
ステップ5: 内容を肉付けして完成させる

この流れで作業することで、初めての商品制作でも、
満足度の高いコンテンツに仕上げることができます。

それではそれぞれ具体的に解説していきます。

ステップ1:顧客のニーズをピックアップしてアウトラインにする

恐れやフラストレーション、問題、願望、欲求、願い、得たい結果、避けたいものなどをリサーチし、
具体的なニーズ・ウォンツをアウトラインにします。

このリサーチで使うのは、

  • Googleキーワードプランナーや
  • Googleフォームなどのアンケートツール、
  • クラウドソーシングなどの外注アンケートサイト、
  • Amazon書籍レビュー、
  • 顧客ヒアリング、
  • 体験セミナー、
  • 体験コンサルティング

などです。

例えば、ダイエットのコンテンツを作るとして、
以下のような悩みが出てきたとします。

ダイエットに関する悩みや願望

  • 痩せてイケメン彼氏を作りたい
  • 夜中にお腹が空いて食べてしまう
  • ストレスでドカ食いしてしまう
  • つらい運動をしないで痩せたい
  • 太っている自分に自信が持てない
  • 痩せられる料理のレシピが知りたい

ステップ2: アウトラインを論理的な学習の順序に並び替える

アウトラインを内容でグルーピングし、スムーズに学べる順番に並び替えます。
推奨の学習順序としては、顧客がスムーズに学習するために適切な順序や
見込み客が知りたい順序の順番です。
できれば、インパクトのあるアイデアを冒頭に持ってくるようにするといいです。

ダイエットのオンラインコンテンツのアウトライン例

自分の内面についての内容

1. 太っている自分に自信を持つ方法
2. ストレスでドカ食いしてしまうときの対処法

食べ物についての内容

3. 夜中にお腹が空いたときの対処法
4. 簡単に痩せる料理を作る方法

最終目標についての内容

5. 辛い運動をしないで痩せる方法
6. 痩せてイケメン彼氏を作ろう!

ステップ3: 各セッションについて、具体的なテクニックを考える

ここからは、各セッションの内容を考えていきます。
確かな効果が即座に、しかも継続的に現れるようなテクニックを考え、行動をステップにします。
(How、What if)
各セッションのテーマに対し、悩みを解決できるエクササイズやテクニックを考え、
それを行動ステップにします。

エクササイズやテクニック

1. 太っている自分に自信を持つ方法

  • 自分を褒めるエクササイズ
  • Step1: 毎日寝る前に鏡の前に行く
  • Step2: 鏡の前で微笑む
  • Step3: 「私は今のままで可愛い」 と声に出して言う

2. ストレスでドカ食いしてしまうときの対処法

・・・

3. 夜中にお腹が空いたときの対処法

・・・

4. 簡単に痩せる料理を作る方法

・・・

5. 辛い運動をしないで痩せる方法

・・・

6. 痩せてイケメン彼氏を作ろう!

・・・

ステップ4: 各セッションについて、モチベーションと理論を追加する

悩みと解決法だけでは、完結型コンテンツにはなりません。
冒頭になぜ学習すべきか、その悩みの原因や対処法、背景などの理論を追加します。
(Why、What)

モチベーションや理論

1. 太っている自分に自信を持つ方法

Why:
この章では太っているあなたに自信を持つ方法を紹介していきます。
あなたが今の自分に自信が持てるようになれば友人や異性の前でも堂々と振る舞うことができます。
逆に今の自分に自信が持てないと彼氏もできず一生孤独な人生を送ることになるかもしれません。
自信を持つとこれから行うダイエットも楽しくなりますよ。

What:
実は自分に自信が持てないのは太っているのとは関係がないのです。
心理学によるとあなたのことを褒めてくれる人がいないから自信が持てないだけなのです。
だからあなたが自分で自分を褒めてあげましょう。
アメリカで自分の頑張ったことを毎日日記に書き出したグループは1週間で自信が高まったという研究結果があります。

2. ストレスでドカ食いしてしまうときの対処法

・・・

3. 夜中にお腹が空いたときの対処法

・・・

・・・

ステップ5: 内容を肉付けして完成させる

最後に、それぞれのセッションを肉付けしていきます。

比喩表現などを追加して、理論をイメージしやすくしたり、
第三者の実験データを引用したりして、
各セッションに厚みを持たせていきます。

そのとき、注意したいのは

  • 見込み客が知りたい内容の中に本当に知るべき内容を混ぜ込む
    例えば、運動しないで痩せる方法を知りたくても、
    効果的に痩せるには運動しなければいけない場合もあるので、上手くミックスする。
  • 見込み客にとってできるだけ新しく感じるようにする
    新しいアイディアを取り入れる、ネーミングをつける、
    考え方のフレームをずらすなど、聞いたことのないないようにする。
    「何度も聞いたことがある」という内容だと、価値を感じにくい。

さいごに

いかがでしたか?

オンラインコンテンツは一度構築してしまえば、
ずっと売れてくれる本当の資産となる商品です。

この記事を参考にして、
ぜひご自分の商品作りにチャレンジしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる